背中のお灸

鍼灸師になりたいなら専門学校に通うのがおすすめ

美容鍼

鍼灸師になりたいなら鍼灸専門学校へ通うことをおすすめします。鍼灸師は国家資格が必要な職業です。主に鍼や灸を使って体のツボを刺激し体の調子を整えるのが鍼灸師の仕事です。その効果は多岐にわたり、多くの人から信頼されており、話題をよんでいます。そのため鍼灸師の職業は人気があり、資格を取ったからとすぐに働けるわけではありません。
もし専門学校に通えば、資格が取れるのももちろんですが、講義よりも実践的なことを学ぶ場面が多いといわれています。そのため技術が身に付きやすく、就職に有利といわれています。
また、専門学校はその分野において専門的に学びたい人が集まります。周りは良きライバルとなり、良い意味で競争心を持ちながら学ぶことができます。
また、専門学校なら少人数制やグループ活動の場面が多く、講師に質問をしやすかったり、実際に現場で働く鍼灸師に学べるチャンスも多いためおすすめです。資格を取りたいだけなら大学でも良いですが、実践的に勉強し将来に役立てたいなら鍼灸専門学校に通うのが良いでしょう。さらに専門学校なら3年間で、専門的に効率良く学ぶことができます。鍼灸師になりたいなら専門学校に通って資格をとるのをおすすめします。

鍼灸師になるために専門学校で学ぼう

鍼灸師になるには、専門の知識と技術を身に付け、国家資格を取得する必要があります。国家試験の受験資格があるのは、行政機関認定の大学または専門学校で3年以上、視覚に障害のある人に関しては更に伸びて5年以上にわたって鍼灸に関する勉強をして所定のスキルを身につけた人が対象となります。そのために専門学校や大学で学ばなければなりません。
鍼灸専門学校では昼だけでなく夜間部のある学校が存在するため、学生の方だけでなく働きながら鍼灸師を目指している方にとっても非常に魅力があり短期間で資格を取得することができるので人気があります。また、鍼灸専門学校では大学よりも1年早く国家資格の取得を目指せるだけでなく、学費も安く抑えることができるため少なくとも2つの大きなメリットがあるといえます。
他にも、入学が容易であることや、実習が多く3年という短い期間の中でも多くの経験値を積むことができるので、即戦力を目指すことができるなど、多くのメリットがあります。専門学校を選ぶ目安としてはやはり国家試験の合格率や合格者数だと思います。通学時間はなるべく短い方がオンオフの切り替えをうまくするためにも必要なことだと思うのでそういったポイントに注意しつつ、専門学校を選ぶことをおすすめします。

鍼灸師として即戦力となるスキルを身につけるなら専門学校へ

腰痛や肩こりの治療で馴染み深い、はりやお灸ですが、鍼灸の治療ができるのは、国家資格を持つはり師やきゅう師のみです。国家資格を受験する為には、高校卒業後に養成機関にて3年以上の修了が義務付けられており、専門の学校での勉強が必要です。養成校には、大学の鍼灸科と鍼灸専門学校があり、両者を比べてみると、鍼灸専門学校により多くのメリットがあります。
まず第一に、専門学校は日本各地に多く点在していて、幅広い年齢層に門戸が開かれている点が挙げられます。鍼灸の学べる大学の数は全国で20校に満たず、所在都市も限られていますが、鍼灸専門学校ならはるかに数が多く、夜間に学べる学校もある為、働きながらでも国家資格が目指せます。
違いの2番目は、専門学校なら3年間で国家試験を目指せる点です。大学に比べて1年修了期間が少ないので学費も抑えられますし、専門学校は国家試験の合格対策に重きを置いているので合格率が高めなのが魅力です。
また、3番目の違いとして、専門学校は入試が比較的容易で、入学後は実践中心のカリキュラムで即戦力となる実技を学べる場面が多いという点です。医療やスポーツ界だけではなく、最近は鍼灸による美容対策にも注目が集まっており、幅広く活躍できる鍼灸師になるには、鍼灸専門学校への進学がおすすめです。

更新情報

ニュース一覧